大盛:海鮮丼 東京都品川区西五反田「五輪鮨 五反田西口店」

五輪鮨 五反田西口店さんへとお昼ご飯を食べに行ってみました。
「西口店」とあるので「東口店」もあるのかなと調べてみると、
一応あった様ですが大分前に閉店していた様です。

都区内のデカ盛り・大盛店

~~~~

2016/1

店名通り五反田駅の西口の方、
西口からすぐの桜田通りに建つ「誠実ビル」の8階にあります。
8階でエレベーターを降りてすぐ右手が店舗。

入口はビル内といえど庇も設けられて和の装い。

暖簾は掛かってましたが照明はまだ点いてませんでした。
特に暖房は効いてませんが、
一応屋内なのが真冬でも開店待ちするには救いになってます。

ビルの外にあったメニュー。

お昼(月~土曜のランチ)は名物の15食限定の海鮮丼(大盛は4食限定だそうです)・箱ちらし・握り各種、
五輪開催という事で「東京五輪スペシャル」が年号そのままの価格\2020で提供。
20年の年末までだそう。

限定という事で確実に注文する為に10:55頃に伺い、
流石にまだ誰も居ませんでした。
次のお客さんが来たのはちょっと後になってからでした。

開店時間になって店内へ。
カウンターのケースの中や上に各種の海鮮ネタが並び、
酢飯の匂いが漂うという鮨店の良くある佇まい。


でっかい牡蠣や貝類なんかは好きな方にはテンション上がりそうです。

カウンターのみならず6人掛けテーブル1つと4人掛けテーブル4つのテーブル席スペース、
小上がり席なんかもあります。


テーブル席とカウンター席の間に色んな国の国旗が並ぶ所が店名の「五輪」らしさを感じさせられました。
BGMは洋楽。

カウンター席に座りました。


予めカウンター・テーブル席と人数分の食器とオシボリが配られてセッティングされてます。
オシボリだけは、
冬場には来客の都度出して頂けた方が冷えた手を暖められて良いなと思いました。
大変かもしれませんが…

切り盛りは「マスター」と呼ばれてたおじ様と、
マスターと呼んでたおじ様のお二人。
自分からしたら親位の御年でも可笑しくない位でしたが、
お客さんにお茶を配膳する時の言葉遣いなど、
腰の低さが窺える好感の持てる接客姿勢でした。

注文は入店してすぐに「海鮮丼大盛\860」と伝えていました。

開店から15分位で提供。

 

おぉ~海鮮とそうでないのもてんこ盛りヽ(・∀・)ノ


小さな生アジがそのまま乗っかってるという豪快さ(笑)


器自体は径15センチでそれほど深くも無くと小さめです。

最初の方に口にした炙りの焼き鳥に似たやつが旨いです(≧∇≦)


多分魚類の何かなんでしょうが…
炭火焼きの香ばしさに塩気の効きが堪りません(´ー`)
食感は火を通した魚の白身に近かった様な。

この炙り身は3つ位ありましたかね、
本当に美味しかったです。

白身の刺身は鯛なのか鰤なのかハマチなのか何なのか分かりませんが、
どれも良く脂が乗ってて旨いです(´ー`)

中トロらしき物もやはり脂が良く乗ってました。

アジはかなり骨が多いですが、
身の味を満喫出来ました。

ご飯は器の深さ2センチ位にしか盛られてないので、
せいぜい250g位と一般的なやや大盛程度でした。
※1合が炊き方によって330~350g位

こんなに脂乗って旨かったネタが満載なのは、
時期が良かったのかもしれません。

それにしても、
会計を済ませて外に出たら12時を待たずして海鮮丼は売り切れになってた様でした。


やはり早めに伺うのが吉ですね・▽・)b

にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへにほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ食べログ グルメブログランキング

五輪鮨 五反田西口店寿司 / 五反田駅大崎広小路駅不動前駅

昼総合点★★★☆☆ 3.8